がんペプチドワクチン療法

がん細胞を攻撃する免疫細胞が、がん細胞の表面にあるペプチドを攻撃する性質を利用した療法。ペプチドそのものには害がないので、ペプチドをワクチンとして体内に大量に注射することで、免疫細胞を増殖・活性化させ、がん細胞への攻撃を促進させます。

腫瘍マーカー(しゅようまーかー)

癌の進行とともに増加する生体因子のことで、主に血液中に遊離してくる因子を抗体を使用して検出する臨床検査のひとつ。

マイクロ波温熱療法(まいくろはおんねつりょうほう)

高温によって、がん細胞に損傷を与えたり、がん細胞の放射線や特定の抗がん剤の効果をを高めたりする療法。

マーカー(まーかー)

がんが進行している可能性の診断上の指標。
タグ:マーカー

アクトス

インスリン抵抗性改善薬と呼ばれる治療薬でインスリン抵抗性を改善する薬で、頭頸部がんの予防で研究されている薬でもある。
タグ:アクトス

悪性線維性組織球腫(あくせいせんいせいそしききゅうしゅ)

骨ならびに軟部の両方に発生する原発性悪性腫瘍で、「肉腫」と呼ばれる筋肉や骨などに発生する「がん」の仲間です。

悪性中皮腫(あくせいちゅうひしゅ)

胸膜・腹膜・心膜の中皮より発生する稀な悪性腫瘍。
タグ:悪性中皮腫

悪性貧血(あくせいひんけつ)

胃粘膜の萎縮による内因子の低下によりビタミンB12が欠乏することで生じる貧血。巨赤芽球性貧血の一種。
ビタミンB12が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため悪性と呼ばれる。
タグ:悪性貧血

悪性度分類(あくせいどぶんるい)

顕微鏡でどのようにに異常に見えるかによってがん細胞を分類する方法。
タグ:悪性度分類

悪性度(あくせいど)

がんとしての性質の悪さの度合い。 悪性度が高いほど、転移・再発しやすく、治療がしにくい傾向があります。
タグ:悪性度
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。